お金を借りたときの借用書

お金を借りる方法としては、いろいろあります。銀行や貸金業者など様々です。しかし、このような法人に借りるだけではなく、個人間での金銭貸借契約も方法のひとつとして挙げられます。

例えば、何かお店を出したいときに、立上資金として知り合いへ一時的な出資を依頼するなどもケースとしてはあるでしょう。個人間の場合にありがちなのが、借用書などを作成せず、信用取引で行われるケースがあります。こういった場合、貸し手側の都合で急遽お金を一括して返金してほしいと言われてしまうリスクや利息がなど、後から追加で条件が出てきてしまうことなども考えられます。

お金の貸借になると、貸し手側のリスクが強く思われがちですが、借り手側にもリスクが複数あることを認識しましょう。もし、信用取引でいいと言われても必ず、借り手側から借用書の作成を依頼しましょう。公証役場などに出向いてきちんと作成することが望ましいですが、やはり、手続に時間がかかり、嫌がる方もいます。

そんなときは、個人ベースでも最低現の事項を記載して法的根拠(裁判などになった場合に使えるよう)となるように借用書を作成するようにしましょう。

 

百科事典を購入するなら利息がゼロの商品に注目

百科事典などを購入する方々は、たまに見られます。人名などを調べたいので、ちょっとそれを購入する事例は案外多いですね。ちなみに税金対策などの為に、そういう商品が購入されるケースもあります。目的はともあれ辞典を購入する以上は、資金が必要な事だけは間違いないでしょう。そういう時に融資を受ける事例は、やはり多いです。

ただし融資を受けるにしても、利息は重要なポイントになるでしょう。多くの方々は、低めな利息の商品で借りる傾向があります。それでサラリーマンの方々としては、ちょっと利息がゼロになるタイプの商品に着目してみても良いでしょう。例えばある会社が提供する商品の場合は、1週間は利息がゼロになるというシステムが採用されています。

1週間以内に返すという条件はありますが、それを満たすことさえできれば、手数料ゼロで借りられる訳です。したがって人名などを調べる為にお金を借りる事を検討中なら、ちょっとゼロになる商品に着目すると良いでしょう。

 

工事などの為に配偶者に相談

工事や開発などを行うケースは、やはり大いにあり得ます。時には、どこかからプロジェクトを受注する事もあるでしょう。しかし何かプロジェクトを手がけるにしても、お金が必要です。手持ち資金が少ない時などは、受注も難しくなりかねません。そういう時には、借りる選択肢は浮上するでしょう。

ちなみに借りるとなると、市区町村などによる貸し付けなどの制度を利用する選択肢もあります。しかし、それも確実に借りられる訳ではありません。やはり融資対象者になるかどうかの問題もある訳です。経営状況によっては難しいケースはあり得ますので、注意が必要です。

しかし工夫をすると、借りる事に関するハードルが下がるケースもあります。上手くやっている方は、上手に申込している訳です。例えば、配偶者などに関する裏技があります。配偶者に相談してみると、意外とスムーズに資金を調達できる事もあります。それでプロジェクトを手がけられるなら、やはり相談すると良いでしょう。

 

将棋棋士の就業規則は正々堂々戦うこと

各分野にはプロフェッショナルと呼ばれる人々がいます。法律事務所には法律のプロフェッショナルがおり、病院には医療のプロフェッショナルがいます。将棋のプロフェッショナルと呼ばれる「九段」の段位を持つ三浦弘行氏はいま疑惑の渦中にいます。7月26日に行われた竜王戦挑戦者決定トーナメントにおいて、三浦九段は久保利明九段と対局しました。

この対局中において三浦九段は離席が多く、スマートフォンによる不正が疑われました。将棋棋士が対局中に離席することは珍しくありません。一回の対局は何時間もおよぶため、トイレに行かれる場合もありますし、煮詰まった頭をリフレッシュするため気分転換する場合もあります。

自分の持ち時間の範囲であれば離席するのも再開するのも本人の自由なのです。しかし今回の件は同業の棋士からも疑いの声が続出しており、その反面はっきりとした証拠が出てこないため、どう決着がつくのかは不明です。将棋は「二人零和有限確定完全情報ゲーム」と言われ、運などの不確定要素が全く無く、お互いに盤上の駒の位置を把握しながら戦うゲームです。

10時間以上におよぶ対局をこなす将棋棋士に就業規則があるのかは分かりませんが、もし対局中に誰も見ていないところで不正を行っていたとしたら、それは棋士としてルール違反ではないでしょうか。